コツコツドカンを防ぐ 損小利大の投資スタイルを築きましょう!

コツコツドカンはなぜ起こるのか。損小利大の投資スタイルを築いて、大負けしマーケットから退場するのはもうやめにしませんか?To get more news about FXトレーダー, you can visit wikifx.com official website.
そもそも勝率を把握されていない方もいらっしゃると思います。
  大丈夫です!これから少しづつ進んでいきましょう。
  まず勝率の定義を確認しましょう。
  勝率=利益がでた取引数÷全取引数
  になります。
  その上で、ご自身のトレードが①なのか②なのかを確認してみましょう。
  なお、目指すべきところは以下の2つのタイプのトレーダーです。
  勝率が高く、利益も多い。
  勝率が低いが、利益は多い。(ポイントはこちらでも勝ち組トレーダーへ行けるということです!)
【WikiFX】.jpg
  あなたのケースは①②のどちらだったでしょうか?
  まず②の方からいきましょう。
  こちらの方はリスク管理と共に
  基本的な相場の原則(ダウ理論など)の本質的な理解が不十分な可能性があります。
  まずはリスク管理をしっかり学んでから相場の勉強を始めましょう。
  大丈夫です。これからコツコツとやっていけば十分身につきます。
  さて次に①の方。勝率が高くて、利益が少ないかた。
  →まさにコツコツドカン型です。。
【WikiFX】.jpg
  今の所は自分がコツコツドカン型の投資をしてしまうタイプだと認識して頂ければ結構です。
  以下できちんと解決策、改善策はお示ししていきますので安心して下さい。
  なお、答えを言うと、
  コツコツドカンを回避するのには数学(統計学)を使うことになります。
  ただ、皆さんに統計学を勉強して下さいと言っているのではない点はご理解下さい。
つまり、勝率=勝ちトレード回数÷総トレード回数=6回÷10会=60%とある程度高くても)、
  損失が大きくなってしまうケースのカラクリがわかったと思います。
  そして平均利益と平均損失を求めましたね。
  明日には勝率とPR(リスクリワード比率)の計算方法など、ここからもう一歩踏み込んでリスク管理の方法をご紹介いたします!

Views: 1

Comment

You need to be a member of My Slim Fix to add comments!

Join My Slim Fix

© 2021   Created by Kyle - COACH.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service